Remote Probe

複数拠点対応

リモートプロブ

複数拠点の監視

複数拠点の監視

PRTGを導入するとWindowsシステムに
二つのサービスがインストールされます。

PRTG Core Server Service
PRTG Probe Service

Core Serverは、PRTGの本体で監視設定から得られた監視データをDBに格納し、結果をWebサーバに表示します。
Probe Serviceは、設定した監視対象に対してsnmpやpingでデバイスに対して問い合わせを行い実際の監視データを取得しCore Serverへ渡します。

1000センサー以上の監視ではシステム要件だけではなくネットワーク要件がポイントとなります。

例えば複数拠点の監視を行う場合、本店のProbeサービス一つで全ての監視データを集めるのではなく、Remote Probe を拠点側のWindows Serverに導入する事で、VPNによる拠点間通信が途切れた際も拠点側で監視を続ける事が可能となります。(デフォルトで5分間)再接続後に、未送信の監視データをRemote ProbeがPRTG Core Serverへ送信します。

Remote Probeは、通常ライセンスに含まれていますので追加料金なしにご利用頂けます。