PRTG Network Monitor のシステム要件

PRTG Manual: Detailed System Requirements(Paessler AG社のサイトへ)
System Requirements for PRTG Network Monitor(英語PDF)

ポーリング処理が軽いPing、Snmp、Httpセンサーの監視項目が500個以下の場合サーバー上で評価版が動作すれば、ほとんどの場合問題ありません。監視項目数1000以上となるケース、処理の重いWMIセンサー(WindowsのID/PWからシステム情報やサービス動作を参照)を120個数以上、Netflowを10個以上作成する監視要件は予めテスト環境で目標とする監視間隔・監視方式・監視項目数をテストし監視可否・パフォーマンス上の問題・PRTG側のポーリング処理に遅延が発生しないか、Probe DeviceのProbe Health Sensor(自己監視)、PRTG設定画面のSystem Statusから動作状況を確認して下さい。Probe DeviceのSystem Health Sensor、Core Health Sensor、Probe Health Sensorからリソース不足・ポーリング処理の遅延が発生した場合、リソースを増やすか、軽い監視方式(Ping、Snmp、Http)への変更、監視項目数削減、監視間隔長く(1分-> 5分)として監視回数を減らし、監視負荷を減らす必要があります。Probe DeviceのProbe Health Sensor(System Health、Core Health、Probe Health)からリソース不足・監視遅延が発生しなければ、正常時のPRTGの処理は問題ないです。将来の監視項目の追加・ダウン発生時のリトライ処理を考慮しリソース設計を行って下さい。

CPU
Dual core CPUで1,000監視項目までが目安 x86/x64対応
目安は1分監視において1000センサー(1000監視項目)追加毎に1 CPU coreの追加
システムヘルスセンサーSystem Health Sensor のCPU負荷が50%以内に収まるように設計します。

メモリ
3GB以上、1監視項目辺り150 KBを消費
目安は1分監視において1000センサー(1000監視項目)追加毎に1GBを追加
インストール時、64bit OSの搭載メモリが6GB以上でPRTGが64bitモードで動作します。
インストール後、サービスからPRTG Core Server Serviceのプロパティから実行ファイルパスを確認して下さい。
64bitモード “C:\Program Files (x86)\PRTG Network Monitor\64 bit\PRTG Server.exe”
32bitモード “C:\Program Files (x86)\PRTG Network Monitor\PRTG Server.exe”

他社ソフト・管理タスクを動作させるメモリ容量は別途必要です。
PRTG500の場合、WMIやNetflowなど重い監視項目のない軽い構成では2GBで問題ありません。
開発元システム要件が2017年10月に2GBから3GBへ変更となった為、カタログ回答は3GB以上となります。

PRTGのメモリ消費は、プローブデバイス(Probe Device)内のコアヘルスセンサー(Core Health Sensor)とプローブヘルスセンサー(Probe Health Sensor)確認下さい。

ハードディスク
監視センサー数、監視間隔、データ保存期間に応じたハードディスク容量の見積が必要です。1日1センサー辺り約200KBのディスクを消費します。監視間隔とセンサー数に比例します。パケットキャプチャやデータ受信型のセンサーの場合、実際のトラフィック量や受信データのメッセージ数によって変化します。
データフォルダの場所は既定でCドライブに設定されています。詳細は保存データ・パスを確認下さい。パスの変更はサービスを止めてデータフォルダを移動しPRTG Administration Toolから移動先パスを再設定します。

1分監視カタログ回答:200KB x 1000センサ x 365 = 73GB
10分監視カタログ回答:200KB x 1000センサ x 365 ÷ 10 = 7.3GB

監視設定完了後に日付フォルダ(前日分) x 365 を計算するとより正確な容量を予想できます。
“C:\ProgramData\Paessler\PRTG Network Monitor\Monitoring Database\YYYYMMDD”
保存先は PRTG Administration Tool から変更可能です。
既定パス ”C:\ProgramData\Paessler\PRTG Network Monitor\”
変更先パスに “PRTG Configuration.dat” の監視設定ファイルを見つけると起動時に選択されます。
変更先パスに足りないフォルダ・ファイルがある場合、初回起動時に自動作成されます。
既定で366日目の監視データは削除されます。保存期間365日は設定変更可能です。レポート作成を行う場合はSSDなどの高速なディスクを選択し、テスト実行からレポート保存の容量を確認し、保存期間は設定値[設定Setup->システム管理(System Administration)->コア&プローブ(Core and Probe)->履歴データのパージ処理(Historic Data Purging)を確認下さい。
PRTGはSQL-DBを持ちません。非正規化データは冗長となる為、10GB制限があるフリーのMicrosft SQL Serverタイプの監視ソフトと比べてディスク容量は大きくなります。IPアドレス毎の1日単位の単純なデータ管理の為、SQL-DBタイプと異なり3年後、5年後といった長期稼働後も非常に安定します。SQL DBタイプのようにインデックスの運用管理やレポート作成時の高負荷問題、10GBのサイズ制限に悩む事がありません。

ディスプレイ
ブラウザを起動し表示する端末ディスプレイの解像度は最低1024×768 pixelsが必要です。推奨は1200×800 pixels以上です。

ネットワーク
OS、アンチウィルス製品でPRTGが利用するポートがブロックされている場合にはFW設定が必要です。OS側のFWはインストール時に設定されます。Webサービスを開始するIPアドレス、ポート番号はPRTG Administration Toolから変更可能です。
PRTG既定利用ポート一覧を確認下さい。Syslog(UDP 514)、SNMP Trap(UDP 162)、Netflowなど受信型センサーを作成した場合、OSのF/W設定、セキュリティソフトから受信ポートを空けて塞がないようにして下さい。

OS
下記オペレーティングシステムを必要とします。
Microsoft Windows 7
Microsoft Windows 8
Microsoft Windows 8.1
Microsoft Windows 10
Microsoft Windows Server 2008 R2(※1)
Microsoft Windows Server 2012 (※1)
Microsoft Windows Server 2012 R2 (※1)
Microsoft Windows Server 2016 (※1)
Microsoft Windows Server 2019 (※1)

※1 Windows ServerのServer Core モードはサポート対象外です。GUIが必要です。

Windows OSのシステム要件も参考にして下さい。
OS バージョン毎のシステム要件
Windows 2016 Serverシステム要件
Windows 10 システム要件
サービス オプションごとの Windows Server の最新バージョン
Windows Server 2016 に関する重要な問題
Windows Server 2019 に関する重要な問題

高負荷構成ではWindows Server 2012 R2かWindows Server 2019を推奨します。
WMIやNetfowなどの負荷の高い監視はProbeサービスの分散(Remote Probe)を推奨します。
下記は開発元のWMIセンサーに関するパフォーマンステスト結果です。

Don’t Use Windows Vista And Windows 2008 R1 for Network Monitoring via WMI!
The WMI Performance Test (2012 Edition)

PRTGは監視設定に従い、監視対象に対して決められた監視間隔毎にPing、SNMP Get、WMIオブジェクトの取得を行います。監視項目が多く、取得処理が重い場合に遅延が発生します。遅延有無はプローブデバイス(Probe Device)内のProbe Health Sensor から遅延(Delay)が発生していないかを確認できます。
Probe Health Sensor

ブラウザ
PRTGは収集した監視情報を組込みのWebサーバーで表示します。
ブラウザで多数のJavaScriptが実行される為、JavaScriptが高速に動作するブラウザが必要です。開発元はGoogle Chrome最新を推奨。Firefox 最新か、Internet Explorer 11、組み込みブラウザPRTG Enterprise ConsoleでPRTGのJavaScriptが動作可能。
下記は開発元が行ったブラウザの評価テストです。
The Best Browser for PRTG (Part 4): First Looks at Google Chrome 3
PRTG Enterprise Consoleの高負荷構成

Webサーバ側の処理状況は 設定 -> PRTGステータス -> Webサーバアクティビティから画面処理のレスポンスを確認可能。
システム要件を満たさない古いバージョンのInternet ExplorerからPRTGへアクセスするとJavaScriptが動作しません。

.net
Ver 19.1.48 から .net 4.7.2 以上が必要となります。
Ver 18 以下では、該当センサー利用時に .net 4.5 以上が必要です。
Microsoft .NET Frameworkが必要なセンサー

その他
Microsoft .NET Frameworkが必要なセンサー
site-planning
サイジング
最大構成・高速化チューニングはこれだけ

最新のシステム要件は開発元サイトでご確認下さい。各種セキュリティ製品により監視処理のインターセプト、ポリシーとの比較処理が走る場合、パフォーマンス・構成・運用を評価検討して下さい。同一構成で動作可能な条件すれすれではなく、余裕のあるシステムリソースをご検討下さい。弊社で他社ソフトを含めた評価試験が可能です。評価試験はテスト項目・レベル・シナリオに基づき工数をお見積します。評価期間中のPRTGサポートは無償です。試験例:VMware 2,500センサ以上(VMotion、HAクラスタ環境)、Physical 5,000センサ以上、Azure、AWS、DB監視(sql)、クラウドメトリック監視、各種ssh/EXEスクリプト。

編集:2020/1/9